Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHKスポーツ

『第60回NHK杯ジャンプ』再放送日はいつ?見逃し動画配信で視聴する方法

更新日:

画像引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181104/k10011698071000.html

NHK 総合で

『第60回NHK杯ジャンプ』が放送されます。

収録での放送になりますが、関係者の方も楽しみにされてるのではないでしょうか。

沙羅ちゃんが欠場はちょっと残念でした。




初回放送日は、

2018年11月05日(月)

午前0時40分〜

となっています。

『第60回NHK杯ジャンプ』の再放送日はいつ?

再放送日の案内は、まだNHKの公式に案内は出ておりません。

案内があり次第、追記します。

再放送まで待てない方は、今流行りの動画配信サービス(U-NEXT)を利用して視聴することをオススメします。




『第60回NHK杯ジャンプ』を見逃した方が動画で観れる方法

『第60回NHK杯ジャンプ』が観たいよ〜!

放送を見逃してしまった人もいると思います。

安心してください。

簡単に観れる方法があるよ

その方法とは、U-NEXTに登録すれば観ることができます。

※31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

NHKで放送された

『第60回NHK杯ジャンプ』は、

放送日の翌日から『NHKオンデマンド』の中で、動画配信されます。

U-NEXTとNHKオンデマンドは、提携しています。

U-NEXTに登録すれば、NHKオンデマンドの動画(番組やドラマ)を

いつでも好きな時間にスマホやタブレット、高機能テレビ等で観ることができます。

U-NEXTをオススメする理由

①ポイントが貰えるのでお得(動画を観る為のポイント)

U-NEXTに登録すれば、毎月U-NEXTポイント1200円もらえます。

(※初回の31日無料体験では、600円)

そのもらえたポイントで、NHKオンデマンドの「見放題パック」を購入することができるからです。

②観たい番組を探す手間がない

観たいドラマをユーチューブなどでアップされてないか探すのは、かなり無駄な時間を要します。

探したあげくに観たい番組が見つからないと、その時間を返してほしくなりますよね。

U-NEXTを利用すれば、スムーズに好きな時間に観れるから良いんですよね。




③安全性が第一

無非公式の動画サイト(パンドラやdailymotion)だと無料で観れるものもありますが、公式以外の動画サービスは、違法アップロードされた動画になります。

違法アップロードされた動画の怖い点は、ウイルス感染やデータを抜き取られてしまう危険があるんですよね。

ネットでもこんな⇧声があがっています。

自分のパソコンやスマホが故障したりするかもしれないリスクを取るよりもその可能性が一切ないU-NEXTを使って観る方が安心ですし、リスク取ってまで観るのもおかしな話ですよね。

この3つの理由からわたしは、NHKの番組を観る時はU-NEXTを利用しています。

NHKのドラマやドキュメンタリーが好きな方は、登録しておいて損はないと思います。


※31日間以内に解約すれば料金はかかりません。

快適に動画が観れるので、オススメです。

現在、31日間無料トライアル期間中なので、1度試してみて「いいな」と思えば、続ければいいですし、気に入らなかったら解約すればいいだけですからね。

注)なお、本ページに記載しているU-NEXT(ユーネクスト)の情報は、2018年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTにてご確認ください。

ユーネクストの解約・退会の仕方(手順)




U-NEXTの解約方法は、とても簡単です。

解約方法を知っていれば、無料トライアルを試すのも怖くないですよね。

解約の流れの手順を書いておきますので、参考にして下さい。

①設定・サポートをクリック。

②お客様サポートの項目から《契約内容の確認・変更》をクリック。

③ご利用中のサービスの画面から《解約はこちら》をクリック。

④無料体験期間の方は、『何月何日までは無料で楽しめます!』と表示されてる下の《次へ》をクリック。

⑤割引チケットのページ内の《次へ》をクリック。

⑥最後にアンケートに回答し、「同意する」にチェックを入れ《解約する》をクリック。

⑦これで解約手続きが完了します。

この流れさえ分かっていれば、安心して無料トライアルを利用できますね。

番組内容・試合結果




スキージャンプの国内大会、NHK杯が札幌市で行われ、男子は小林陵侑選手が、女子は伊藤有希選手が優勝し、ピョンチャンオリンピック代表の実力を見せました。

NHK杯は、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場のラージヒルで3日間にわたって行われた国内大会3連戦の最終戦で、男女合わせて70人余りが参加しました。

男子では、ピョンチャンオリンピック代表の小林選手が、1回目に加点の基準となるK点を大きくこえる135メートル50を飛び、トップに立ちました。

小林選手は2回目も135メートル50で大きなジャンプを2本そろえて前日の大会に続いて優勝し、2連勝としました。

女子では、高梨沙羅選手が2日の大会で右ひざを痛めて欠場する中、ピョンチャンオリンピック代表の伊藤選手が、1回目に114メートル50を飛んで2位につけました。

伊藤選手は2回目に119メートルを飛び、1回目でトップに立っていた勢藤優花選手を逆転して優勝しました。

男子 小林「2本とも納得できるジャンプ」
小林陵侑選手は「調子がよいので2本とも納得できるジャンプだった。よい風にも乗れたと思う。これからの冬のシーズンに向けては、ワールドカップでの1勝を目標に頑張りたい」と話していました。
女子 伊藤「万全でなかったが気持ちよいジャンプ」
この大会2連覇となった伊藤有希選手は「内容は万全ではなかったが、天気もよく観客もたくさんいる中で気持ちよいジャンプができた。4年後に向けての新たなスタートの年なので夏場に挑戦してきたことの成果をしっかり出していきたい」と話していました。

出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181104/k10011698071000.html

スキージャンプ関連本

本の内容
国内外のトップアスリートたちの頂点を目指す姿と思いを記録し、その“魂”に迫ったNHKの人気スポーツドキュメンタリー番組「アスリートの魂」。
壁にぶつかり、迷い、もがきながらも、何度でも立ち上がり、己の限界に挑戦し続けるトップアスリートたちのひたむきな生き方には、「折れない心」「まっすぐにひとつのことに打ち込む素晴らしさ」「周囲への感謝の気持ち」といった多くのメッセージが盛り込まれています。
本書では、番組で取り上げられたアスリートたちの「熱き魂」を余すことなく、まんが化。
さらに、子ども時代のエピソードや、競技解説、アスリートの名言などを加えることで、競技や人物について、より深く興味を持てるようにしています。

まとめ

『第60回NHK杯ジャンプ』を見逃した方はU-NEXTを使って、視聴するのがオススメです。やっぱり好きな時間に安全に観れるのが1番良いですよ。

 

-NHKスポーツ

Copyright© 見逃しテレビ案内ROOM , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.